レーザー脱毛の特徴とメリット、及び注意点

レーザー脱毛はレーザー光線を利用したムダ毛の処理方法です。
もともと米国で安全性の高い選択光を利用した方法として考え出され、日本には今世紀初頭ごろに輸入されました。光源にはダイオードや貴石などを用い、それぞれ波長や方向が異なりますが照射面を肌に押し当てスイッチを入れるだけで周囲の肌を傷めずレーザー光がメラニンだけを選んで高熱を発射します。

これにより毛根がダメージを受け再生機能を失います。



処理後数日たって皮膚の新陳代謝とともに毛穴から抜け落ちていきます。

レーザー脱毛は永久的な減耗効果が正式に認められています。
従来の永久脱毛であったニードル方式に比較して広い範囲を短時間で効率よくこなすことができ、照射面や出力を調節することで顔から足先までVIOも含めて全身を施術できるのが特徴です。ただ全身処理する場合肌への負荷が重くなりすぎないよう、数か所ずつローテーションを組んで時期をあけながら照射するのが通常です。



また毛先が肌のうえに出ていないムダ毛には作用しないので再生サイクルごとに同じことを数回繰り返す必要があります。

技術の進歩に伴い快適面も考慮して、より熱さや痛みが少ない方向に進化していますが我慢できなければ麻酔の使用も可能です。

毛穴を殺菌できるほか、軽いピーリング作用があるので美肌効果も同時に得られます。



なおレーザー脱毛を扱えるのは医師のみであり、クリニック外で処理するのは違法行為であり、申告なトラブルを引き起こしかねません。